コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精力減退 せいりょくげんたい

1件 の用語解説(精力減退の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

せいりょくげんたい【精力減退】

《どんな病気か?》
 なんとなくだるい、やる気がでない、性欲が衰えたといった精力減退(せいりょくげんたい)の多くは、ストレスや過労など精神的な要因から起こります。そんなときは、バランスのとれた栄養補給を心がけ、良質のたんぱく質や各種ビタミンミネラル類をかたよりなくとることがたいせつです。
《関連する食品》
〈ネバネバした食品には、精力増強効果がある〉
○栄養成分としての働きから
 たんぱく質は、体内で筋肉や臓器の構成成分となるほか、1gにつき4kcalのエネルギー源となる重要な栄養素です。たんぱく質が豊富な肉や魚介類、ダイズ、たまご、牛乳などを積極的にとるといいでしょう。
 ビタミンのなかでは、抗ストレス作用のあるパントテン酸やビタミンC、エネルギー供給や神経の代謝(たいしゃ)にかかわるビタミンB群が有効です。
 ストレスが生じると、副腎(ふくじん)が副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンを分泌(ぶんぴつ)して血糖値(けっとうち)を上げ、エネルギーを増大させて対抗しますが、パントテン酸とビタミンCには、そのホルモン産生を助ける働きがあります。パントテン酸はビタミンB群の仲間で、レバー、納豆、サケ、ピーナッツなどに、ビタミンCはキウイイチゴミカンなどのくだものブロッコリー、青菜などの野菜に多く含まれています。
 また、ヤマノイモオクラナメコウナギドジョウ、納豆など、ネバネバした食品に含まれるムチンなどには、滋養強壮作用があります。
○漢方的な働きから
 漢方でも、ニラ、クルミなどに強壮効果があるとされています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

精力減退の関連キーワード気味悪い気味が悪い何心地何と無く何なり垂んとするウスクダル気怠い品下る怠い

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

精力減退の関連情報