コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨淄古城址 りんしこじょうし Lín zī gǔ chéng zhǐ

1件 の用語解説(臨淄古城址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りんしこじょうし【臨淄古城址 Lín zī gǔ chéng zhǐ】

中国,山東省臨淄県にある斉の城址。斉は周代諸侯国の一つで,太公望が滅殷の功により山東省に封建された国であるが,第7代献公のときに臨淄を都とした。その後桓公が立ち,春秋五覇の一つとなり,戦国時代には戦国七雄一つとして栄えた。臨淄は,前221年に秦によって斉が滅亡するまで,630余年にわたって斉の都として繁栄したと伝えられる。斉の都の跡である臨淄古城址は,大城とその南西角にある小城(皇城,営丘城)からなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

臨淄古城址の関連キーワード山東省泗水汝窯王融山東菜竹渓臨淄歴山城址

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone