コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨淄 リンシ

大辞林 第三版の解説

りんし【臨淄】

中国、山東省中部の古都。春秋戦国時代の斉の都。経済・学術の中心として栄えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りんし

中国、周時代の斉(せい)の都が置かれた地。現在は山東省(しはく)市に属す。周初に太公望呂尚(りょしょう)が封ぜられた営邱(えいきゅう)の地といわれる。その後、紀元前859年に斉の献公(けんこう)がここに都を定め臨(りんし)と名づけた。春秋時代には桓(かん)公が覇者として、戦国時代には田氏一族が七雄の一国として、ここを中心に活躍した。華北第一の都市としてとくに文芸の中心として栄えたが、五胡(ごこ)十六国時代(304~439)から衰えていった。現在の城壁は隋(ずい)代のもので周囲2キロメートルにすぎないが、斉の故城址(じょうし)は周囲約16キロメートルでほぼ方形、南西隅に小城址があり、その中に営邱に比定される小丘がある。城外南東には田氏四王墓といわれる四大古墳もある。[春日井明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の臨淄の言及

【淄博】より

…人口は391万(うち市区は254万)(1994)。もともとこの市域は,淄川県,博山県,臨淄県などの地であったが,1945年,日本軍の占領が終わると,炭田のある工業地区として発達していた淄川,博山の両鉱区を合して淄博特区がつくられた。さらに49年,淄博工鉱特区とされ,50年,市に移行。…

【斉】より

…のち斉の正卿の国氏,高氏を追放して国政を掌握し,前386年斉の康公を幽閉して国を奪い,周王より諸侯として承認された。威王,宣王のとき強盛となり,都の臨淄(りんし)(山東臨淄県)は最大の都市として繁栄,多数の学者も集まった(稷門(しよくもん))。前284年燕など5国に攻められて衰え,前221年秦に滅ぼされた。…

【都市】より

… 戦国時代,領土国家の成立とともに,列国の国都の巨大化が顕著となる。塩の商品化による富の集積で名高い,山東省斉の都臨淄(りんし)では,1.7km×1.2kmの内城と2.6km×4.0kmの外郭をもつ都市域の中に7万戸が住んだ。1戸の占有面積は漢代の平均22~32m2に比べて数倍に達するが,臨淄の繁華街が〈肩は摩(すれ)あい,轂(ながえ)はあい撃(う)つ〉と表現される稠密さを勘案すると,ここでも外郭内には相当広大な田地や無人区があったと思われる。…

※「臨淄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

臨淄の関連キーワード宣王[斉]玄宗[唐]臨淄古城址臨淄遺跡稷下の学房玄齢段成式工官宣王封泥韋氏睿宗済水稷門田単陶文善導学術古都江陵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android