コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨済義玄 リンザイギゲン

デジタル大辞泉の解説

りんざい‐ぎげん【臨済義玄】

臨済

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨済義玄
りんざいぎげん
(?―866/867)

中国、唐(とう)末の僧。臨済宗の開山で、諡(おくりな)は慧照(えしょう)禅師。曹州南華(山東省荷沢(かたく)地区)の人。姓は(けい)。若いころ、各派の仏教を学ぶが、生死の解決に無力と知り、名師を訪ねて彷徨(ほうこう)ののち、洪州黄檗(おうばく)山の希運(きうん)に参じ、3年の坐禅(ざぜん)によって大悟した。黄檗に一掌を与え、仏法は無多子(たしなし)(単純)と叫び、印可状を焼き捨てたという。鎮州(河北省石家荘(せきかそう)市北部)の王氏に招かれ、(こだ)河の辺に小院を構え、自ら臨済と名のる。経典によらず、伝統にこだわらず、即今直下に自己の全体を生かす、真正見解を説く。ちょうど武宗(ぶそう)の破仏のあと、各派の教学が衰滅するのと逆に、その主張は広く一般の共感を得、達磨(だるま)に始まる禅宗の正系とされ、臨済宗とよばれるに至って盛行した。嗣法(しほう)の弟子三聖慧然(さんしょうえねん)(生没年不詳)と、興化存奨(こうけぞんしょう)(830―888)の二人が協力して『臨済録』を編むほか、有力な弟子たちが各地にその教えを広げた。[柳田聖山]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

臨済義玄の関連キーワード黄檗山(中国江西省)黄檗希運・黄蘗希運五家七宗柳田聖山曹洞宗四料簡禅宗普化道号

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臨済義玄の関連情報