コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臨済義玄 リンザイギゲン

2件 の用語解説(臨済義玄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りんざい‐ぎげん【臨済義玄】

臨済

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

臨済義玄
りんざいぎげん
(?―866/867)

中国、唐(とう)末の僧。臨済宗の開山で、諡(おくりな)は慧照(えしょう)禅師。曹州南華(山東省荷沢(かたく)地区)の人。姓は(けい)。若いころ、各派の仏教を学ぶが、生死の解決に無力と知り、名師を訪ねて彷徨(ほうこう)ののち、洪州黄檗(おうばく)山の希運(きうん)に参じ、3年の坐禅(ざぜん)によって大悟した。黄檗に一掌を与え、仏法は無多子(たしなし)(単純)と叫び、印可状を焼き捨てたという。鎮州(河北省石家荘(せきかそう)市北部)の王氏に招かれ、(こだ)河の辺に小院を構え、自ら臨済と名のる。経典によらず、伝統にこだわらず、即今直下に自己の全体を生かす、真正見解を説く。ちょうど武宗(ぶそう)の破仏のあと、各派の教学が衰滅するのと逆に、その主張は広く一般の共感を得、達磨(だるま)に始まる禅宗の正系とされ、臨済宗とよばれるに至って盛行した。嗣法(しほう)の弟子三聖慧然(さんしょうえねん)と、興化存奨(こうけぞんしょう)の2人が協力して『臨済録』を編むほか、有力な弟子たちが各地にその教えを広げた。[柳田聖山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臨済義玄の関連キーワード福島慶道森山歓渓臨済臨済録花園大学義玄済家臨済寺臨済禅臨済の喝徳山の棒

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臨済義玄の関連情報