コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄檗希運 おうばくきうん Huang-bo Xi-yun

4件 の用語解説(黄檗希運の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄檗希運
おうばくきうん
Huang-bo Xi-yun

[生]?
[没]大中4(850)?
中国,唐の禅僧。福州の人。断際禅師。洪州黄檗山において出家し,都,長安に遊学したのち洪州に戻り百丈懐海に師事,その法を継いで黄檗山に住んだ。その後,竜興寺,開元寺に移り住んでその宗風を広め,多数の弟子を育成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうばく‐きうん〔ワウバク‐〕【黄檗希運】

中国、唐代の禅僧。閩(びん)県(福建省)の人。黄檗山で出家。のち、百丈懐海(えかい)に師事。門下に臨済義玄がいる。断際禅師。大中年間(847~860)に没。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おうばくきうん【黄檗希運 Huáng bò xī yùn】

中国,唐後期の禅僧。断際禅師とよばれ,臨済義玄の師として知られる。生没年は不詳。850年ころ,60歳であった。福州の人,黄檗山で出家,江西で百丈懐海の法をつぎ,新たに黄檗山を創して,その教えをひろめた。時の宰相裴休が参禅し,その説法を筆録したものに《伝心法要》《宛陵録》の2書があり,禅の語録の代表とされて,早くより注目され,英訳も数種出ている。また皇太子時代の宣宗が一時僧となっていたときに相識であったことや,武宗の廃仏(三武一宗の法難)を経験した中国僧としての話題も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄檗希運
おうばくきうん

生没年不詳。中国、唐代の禅僧。諡号(しごう)は断際禅師(だんさいぜんじ)。福州(福建省)(びんけん)の人。若くして福州黄檗山で出家した。身長7尺(約2.1メートル)、額に肉珠があったという。天台山に遊行し、のちに百丈懐海(ひゃくじょうえかい)に参じて嗣法する。洪州(こうしゅう)(江西省)の大安寺に住し、高安県に黄檗山を開創。唐のもと宰相、裴休(はいきゅう)の求めに応じて、竜興寺と開元寺で説法し、それは『伝心法要』『宛陵録(えんりょうろく)』として編集された。説法の中心思想は、「即心是仏(そくしんぜぶつ)(この心そのものが仏にほかならない)」である。大中(たいちゅう)年間(847~860)示寂。弟子に臨済義玄(りんざいぎげん)がいる。[石井修道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄檗希運の関連キーワード神秀石頭希遷禅師暗証の禅師潙山徳山宣鑑海賊とよばれた男圜悟磯の禅師断際禅師

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone