自動車総連(読み)じどうしゃそうれん

世界大百科事典 第2版の解説

じどうしゃそうれん【自動車総連】

正称は全日本自動車産業労働組合総連合会連合の加盟組合。自動車産業の全国組織は1948年全自動車(全日本自動車産業労働組合)として結集をみたが,日産争議などの闘争指導に対する批判が高まり54年解散した。その後,民主的労働運動路線を基盤に再結集へ話合いが行われ,65年2単産8組合,22万人で自動車労協を結成した。自動車産業労働者をすべて網羅した全国組織はこれが初めてである。72年メーカーおよびその系列関係にある部品製造,販売,輸送,その他の労働者を単位とする連合の総連合体として自動車総連に発展する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の自動車総連の言及

【労働組合】より

…(1)同一の業界に所属する巨大企業の組合を中心としながら,関連した中小企業の組合を加盟させている型。自動車総連,電気連合,電通労連(電気通信情報産業労働組合連合,主体は全電通),鉄鋼労連私鉄総連造船重機労連など日本の代表的産業別連合体がこれである。業界の大手企業の組合員が大半を占めており,組合役員も大手企業の在籍専従者が多い。…

※「自動車総連」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自動車総連の関連情報