コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日産争議 にっさんそうぎ

1件 の用語解説(日産争議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にっさんそうぎ【日産争議】

1953年夏,100日間にわたって争われた日産自動車における労働争議日本資本主義朝鮮戦争による特需経済から〈経済自立〉と高成長経済への転換期にあたって,資本家階級が課題とした問題の一つは〈職場秩序の確立〉にあったが,日産争議はこの点をめぐる労資対立を象徴する事件であった。当時,全自動車労組(全日本自動車産業労働組合。1948年3月結成)日産自動車分会は,自動車産業を平和産業として再建するために平和闘争を行うとともに,〈生産の主導権を労働者がにぎる〉ことを合言葉にして〈職場委員会〉のもとに強力な職場規制を行うなど,最強の組合として知られていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の日産争議の言及

【労働運動】より

… だが,労働組合としての活性化は,きわめて険しい道であった。協約闘争のなかで〈明職(明るく働きやすい職場をつくる)運動〉を展開した北陸鉄道労組や企業整備反対闘争を契機として(合意事項を覚書にする)メモ化闘争を推進した三井三池労組など,いくつかの職場闘争の先進的なケースを生み出していったとはいえ,52年の電産・炭労スト,53年の日産争議の敗北などにみられるごとく,産業別統一闘争は組合側の足並みの乱れによって瓦解を重ねた。このようななかで,総評は職場闘争をベースにすえて家族ぐるみ,町ぐるみの地域闘争で闘うという〈ぐるみ闘争〉路線を提起していったが,この方式も54年の尼崎製鋼争議,日鋼室蘭争議の敗北によって実を結ぶことなく終わった。…

※「日産争議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日産争議の関連キーワード争われない仮通夜五日十座其処となしヘプタスロン短期払込保険一月場所九月場所五月場所三月場所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone