コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自己組織性 じこそしきせいself-organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自己組織性
じこそしきせい
self-organization

あるシステムがみずからを組織化するように変化していく特性を示す語。ヨーロッパの伝統的思想の根底には,永遠性の観念が存在したが,19世紀の熱力学では秩序が混沌へと解体し,進化論では生物同士の対立,闘争が進化をもたらしたとする新しい論理が出現した。 1970年代になると I.プリゴジンはゆらぎをはらんだ非平衡系で混沌から秩序が形成され,同時に多数の構成要素がコミュニケートし合うことがあるという散逸構造理論を発表し,ハーケンも協同現象理論で,対立ではなく協同的活動によって構造の形成・発展が可能であることを明らかにした。この論理は,伝統的思想が循環論法,矛盾,パラドックスを否定したのに対し,認識的世界,生命的世界において,パラドクシカルな自己言及を忌避する合理主義が誤りであることを明らかにした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自己組織性の関連キーワード構造機能分析社会体系吉田民人複雑系

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android