コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自律的拡大 じりつてきかくだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自律的拡大
じりつてきかくだい

内需がさらに内需を生みながら自律的に拡大する経済成長の一つのパターン。 1960年のいざなぎ景気以来の最近の大型景気の拡大と持続は,活発な個人消費と民間設備投資の2つに起因するところが大きく,これに伴う生産増が企業収益を高め,雇用の増大を通した所得の増加がライフスタイルを変化させるとともに,消費の高級化・多様化を含む需要増を生んでいる。石油危機以降の日本経済は,企業の投資意欲の減退や家計消費の伸びの鈍化により,内需が相対的に減少し,いきおい経済成長は外需に依存する割合が強くなっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自律的拡大の関連情報