コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自律訓練法の降圧効果 じりつくんれんほうのこうあつこうか

1件 の用語解説(自律訓練法の降圧効果の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

じりつくんれんほうのこうあつこうか【自律訓練法の降圧効果】

 注意を集中させ、段階的に自己暗示をかけていって、自分で催眠状態(さいみんじょうたい)をつくり出すのが自律訓練法(じりつくんれんほう)で、血圧を下げるのに効果があります。
 薄暗くした部屋であおむけになったり、いすに腰かけたりして目を軽く閉じ、6つの公式を順番にこなしていきます。1日に3~4回行なえれば理想的です。
 ただ、この自律訓練法をマスターするのは、なかなかむずかしく、きちんとした訓練を受けないと正しくできず、効果もあがりません。
 心療内科で教えてくれるところがあります。近くに心療内科のある病院があれば、問い合わせてみましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

自律訓練法の降圧効果の関連キーワード意を注ぐ気合心を傾ける催眠術自己暗示集中砲火注意力注意を引く呼掛けるワッグル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone