自然利子(読み)しぜんりし(英語表記)natural interest

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然利子
しぜんりし
natural interest

資本が貨幣形態をとらずに実物のままの形 (実体資本) で貸借された場合に成立する利子。貨幣資本の貸借の場合に成立する貨幣利子 (貨幣利子率) に対比される概念。自然利子率はスウェーデンの経済学者クヌート・ウィクセルが貨幣量と物価水準との関係を説明するために貨幣利子率とともに用いた概念で,ウィクセルはこの両利子率の乖離から物価の累積的変動が生じるという「ウィクセルの累積過程」を提示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然利子の関連情報