コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

累積過程 るいせきかていCumulative Process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

累積過程
るいせきかてい
Cumulative Process

経済活動の拡大ないし縮小の過程が徐々に積み重なり,その量や程度が著しく増していくこと。「ウィクセルの累積過程」は,スウェーデンの経済学者クヌート・ウィクセルが 1898年の著書『利子と物価』において,物価の累積的上昇ないし下落を自然利子率と貨幣利子率の乖離によって説明した理論(→自然利子)。物価の絶対水準が均衡からのわずかな乖離によって累積的に変化するという貨幣経済の独特の挙動を明らかにした。現代において,この理論は不均衡動学の理論において取り入れられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

累積過程の関連キーワードリンダール(Erik Robert Lindahl)E.R. リンダール北欧学派景気循環

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android