コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然承認 シゼンショウニン

デジタル大辞泉の解説

しぜん‐しょうにん【自然承認】

国会で、予算の議決、条約の承認、内閣総理大臣の指名について、衆議院の議決から一定期間内に参議院が議決をしないとき、衆議院の議決を国会の議決とすること。自然成立

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自然承認【しぜんしょうにん】

自然成立

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しぜんしょうにん【自然承認】

国会で、予算の議決・条約承認・総理大臣指名の場合、衆議院の議決後定められた期間内に参議院が議決を行わない場合、衆議院の議決をもって国会の議決とすること。自然成立。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然承認
しぜんしょうにん

国会の議決手続において、予算の議決、条約の承認、内閣総理大臣の指名は、衆議院の議決後一定期間内に参議院が議決を行わない場合に、衆議院の議決をもって国会の議決とするが、これを自然承認または自然成立という。予算、条約については、衆議院が可決して参議院が受け取ったのち30日以内、内閣総理大臣の指名については衆議院の議決後10日以内に参議院が議決をしないときには、衆議院の議決を国会の議決とする。代表例は、1960年(昭和35)第34通常国会における日米安全保障条約の承認がある。[山野一美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

自然承認の関連キーワード日韓大陸棚協定条約締結の承認安保改定問題両院協議会安保闘争

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自然承認の関連情報