コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予算先議権 よさんせんぎけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予算先議権
よさんせんぎけん

両院制をとる場合において,予算を先に審議する権利のこと。大日本帝国憲法 (65条) の場合と同様,日本国憲法の場合も衆議院先議権をもつ (60条1項) 。これは国民の負担に関する財政法案の審議についてはより直接的に民意が反映する下院意思を尊重すべしとする思想に基づき,近代以降のほとんどの国で認められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よさん‐せんぎけん【予算先議権】

二院制において、下院上院に先立って政府から予算の提出を受け、これを審議する権能。日本では衆議院に認めている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

予算先議権【よさんせんぎけん】

衆議院が予算を参議院旧憲法下では貴族院)より先に審議・議決する権限(憲法60条,旧憲法65条)。旧憲法下では予算案提出の時間的先後だけで議決の効力に変りはなかったが,現行憲法では参議院が否決した場合もしくは議決しなかった場合でも衆議院の議決だけで成立(自然成立)する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

よさんせんぎけん【予算先議権】

二院制において、一院が他の一院に先立って予算の審議を行う権能。通常、下院が有し、日本では衆議院が有する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予算先議権
よさんせんぎけん

議会における予算の審議について、下院(衆議院)が上院(参議院)より先に予算の提出を受け、これを審議する権能をさす。近代国家においては、一般に下院が上院より優位にあることを認めているが、それに基づいて、予算そのほか、国民の負担に関する財政関係の法案の審議にあたっては、下院の意思を重視するのが妥当であるという考え方があり、そこから下院の予算先議権の制度が生まれた。日本においても、明治憲法(65条)、日本国憲法(60条1項)のいずれもがこの趣旨を明示している。さらに日本国憲法では、予算の議決についても、衆議院の意思が参議院のそれに対して優越的地位にたつことを認め(60条2項=自然承認)、予算に関する衆議院の特権を保障している。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

予算先議権の関連キーワード帝国議会一院国会

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android