コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然時効 しぜんじこうnatural aging

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然時効
しぜんじこう
natural aging

常温時効ともいう。合金を室温に放置しておくだけで起る時効現象。自然時効は特殊な現象ではなく,アルミニウムやマグネシウムなどの実用的な時効合金でも起るが,その効果が不安定であるため,実際にこれを材料設計における工程として用いることはない。鉄鋼では冷間加工後,室温に放置した場合に起るひずみ時効も自然時効の一種である。 (→人工時効 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自然時効の関連キーワードジュラルミン時効硬化

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android