自然時効(読み)しぜんじこう(英語表記)natural aging

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然時効
しぜんじこう
natural aging

常温時効ともいう。合金を室温に放置しておくだけで起る時効現象。自然時効は特殊な現象ではなく,アルミニウムやマグネシウムなどの実用的な時効合金でも起るが,その効果が不安定であるため,実際にこれを材料設計における工程として用いることはない。鉄鋼では冷間加工後,室温に放置した場合に起るひずみ時効も自然時効の一種である。 (→人工時効 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android