自然法学(読み)シゼンホウガク

大辞林 第三版の解説

しぜんほうがく【自然法学】

自然法の存在を認め、これによって実定法を基礎づけようとする法思想。近世合理主義において顕著な展開をみ、市民的・自由主義的法思想の確立に貢献した。グロティウス・ホッブス・ルソー・カントなどはその代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android