コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然法学 シゼンホウガク

大辞林 第三版の解説

しぜんほうがく【自然法学】

自然法の存在を認め、これによって実定法を基礎づけようとする法思想。近世合理主義において顕著な展開をみ、市民的・自由主義的法思想の確立に貢献した。グロティウス・ホッブス・ルソー・カントなどはその代表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

自然法学の関連キーワードシェルシェネビチ(Gabriel' Feliksovich Shershenevich)チボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)スミス(Adam Smith)ハレ・ウィッテンベルク大学プロイセン一般国法典プーフェンドルフ天賦人権論社会契約説テンニエス王権神授説コクツェイポティエローマ法既得権国富論

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android