コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然法学 シゼンホウガク

大辞林 第三版の解説

しぜんほうがく【自然法学】

自然法の存在を認め、これによって実定法を基礎づけようとする法思想。近世合理主義において顕著な展開をみ、市民的・自由主義的法思想の確立に貢献した。グロティウス・ホッブス・ルソー・カントなどはその代表。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone