自由時間

流通用語辞典の解説

自由時間

生活時間から睡眠など必要時間、仕事など拘束時間を差し引いた、それ以外の自由に使える生活時間を自由時間と表現。余暇時間ともいう。日本人の自由時間は、増加傾向にある。労働省ではその理由として、週休二日制や夏休み制度の普及・定着、家庭電気製品の普及、調理食品の利用などによる主婦の家事の軽減、平均子供数の減少という家族構成の変化などをあげている。個性化、多様化している今日の消費者にとって、この自由時間の活用がライフスタイル形成に大きな影響力をもっており、このような個性化した消費者を対象とする小売業は、自由時間の動向に十分注意を払う必要がある。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由時間の関連情報