コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由貿易主義 じゆうぼうえきしゅぎ

百科事典マイペディアの解説

自由貿易主義【じゆうぼうえきしゅぎ】

貿易に対する国家の干渉を排して自由な対外取引を行うという考え方や政策。まず重商主義的保護貿易主義批判として現れた。A.スミスリカードらが唱えて,経済活動の自由に対する産業資本の要請に理論的裏付を与えた。
→関連項目貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の自由貿易主義の言及

【貿易理論】より

…しかも,国際価格に対して影響力をもたない小国の観点や世界全体の観点に立った場合,一定の条件のもとで自由貿易が諸資源の効率的利用を達成し,いわゆる〈パレート最適〉の状態をもたらすことが明証されている。これは自由貿易命題と呼ばれ,貿易政策の指導原理として重きをなす自由貿易主義の一つの理論的支柱となっている。 しかし,自由貿易命題の根底にある諸条件は必ずしも現実的なものとはいえない。…

※「自由貿易主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自由貿易主義の関連キーワードハル(Cordell Hull)イギリス=トルコ通商条約ナショナル・ポリシーマンチェスター学派自由貿易帝国主義74年米国通商法貿易為替自由化フリートレードビクトリア時代小イギリス主義マッケンジーケープ植民地互恵通商協定カナダ自由党日本社会事彙ハスキッソン国際金融市場英仏通商条約オタワ協定ポルトガル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由貿易主義の関連情報