コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由金 じゆうきんfree gold

翻訳|free gold

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自由金
じゆうきん
free gold

1968年にの二重価格制が採用され,世界の金市場は貨幣用の金取引を行う公的市場と,非貨幣用金を対象とする自由金市場に区分され,これに応じて金価格も公定金価格と自由金価格の2本立てとなった。自由金は地金業者,工芸用金使用者,一般個人などによって構成される市場で取引される。その市場としてはロンドン金市場のほかにチューリヒ市場の重要性が増大した。 (→金塊市場 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自由金の関連キーワードニューヨーク・オフショア・センターコマーシャル・ペーパー新短期プライムレートレギュレーションQ非居住者円勘定スプレッド融資円建てBA市場オフショア金融スーパー定期コールレート大口定期預金国際通貨問題譲渡性預金金利体系規制金利規制緩和外貨預金標準金利金プールJOM

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自由金の関連情報