コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金市場 キンシジョウ

3件 の用語解説(金市場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐しじょう〔‐シヂヤウ〕【金市場】

金の現物取引または先物取引を通じて金価格を形成している市場。ロンドンチューリヒニューヨーク・香港の四大市場のほか世界各地にある。金塊市場

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんしじょう【金市場】

金地金がまとまって取引され,その取引価格が他の取引への指標として影響していく市場をいう。代表的なロンドン,チューリヒ,香港,ニューヨークの各金市場が,四大金市場と称される。1971年8月15日のニクソンアメリカ大統領の金とドルの交換停止声明(いわゆるニクソン・ショック)によって金は国際通貨の地位から解き放たれ,インフレ国際政治・経済情勢を反映して激しく変動する国際商品としての性格を強めるとともに,四大市場を中心に金市場は連動性を高め,拡大を速めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんしじょう【金市場】

商品として金の取引が行われる自由市場。ロンドン・ニューヨーク・チューリッヒなどにある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金市場の関連情報