自衛隊地方協力本部(読み)じえいたいちほうきょうりょくほんぶ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自衛隊地方協力本部
じえいたいちほうきょうりょくほんぶ

各都道府県において、渉外、募集、広報、援護などを担当する陸上・海上・航空自衛隊の共同機関。2006年(平成18)7月31日、防衛庁(現防衛省)の組織改編に伴い、自衛隊地方連絡部が改組されて設立され、全国に50か所(北海道に4か所、各都道府県に1か所)置かれている。地方協力本部は共同機関であるが、通常陸上自衛隊の各方面総監の指揮・監督下に置かれている。地方協力本部の長は、将補または1佐の自衛官または防衛事務官であり、職員は自衛官・事務官の混成である。自衛隊の国際平和協力活動の際には、留守家族への援護業務も行っている。

[村井友秀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる