コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自触媒作用 じしょくばいさようautocatalysis

翻訳|autocatalysis

2件 の用語解説(自触媒作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自触媒作用
じしょくばいさよう
autocatalysis

化学反応によって生じた生成物自体が触媒として作用する場合,その触媒作用をいう。この種の反応 (自触反応) では,反応の進行に伴い触媒量は変化する。たとえば過マンガン酸カリウムによる酸化反応は,生じた2価のマンガンイオンが触媒となって進行,その量は反応につれて増加し,反応速度を高める。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

自触媒作用

マグマの揮発性成分によって,固化する後期に鉱物が変質すること.この語は自気成作用(autopneumatolysis),パウロポスト(paulopst),プロトニューマトリシス(protopneumatolysis)と同意義である[Loe-winson-Lessing : 1922].自触媒作用化学反応において,反応物または生成物自身が触媒作用をすることで,反応の進行に伴って触媒作用をする物質の量が変化する[長倉ほか : 1998].自気成作用(autopneumatolysis)[Lacroix : 1922],マグマ性交代作用(magmatic metasomatism)[Loewinson-Lessing : 1925]

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone