コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自触媒作用 じしょくばいさようautocatalysis

翻訳|autocatalysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自触媒作用
じしょくばいさよう
autocatalysis

化学反応によって生じた生成物自体が触媒として作用する場合,その触媒作用をいう。この種の反応 (自触反応) では,反応の進行に伴い触媒量は変化する。たとえば過マンガン酸カリウムによる酸化反応は,生じた2価のマンガンイオンが触媒となって進行,その量は反応につれて増加し,反応速度を高める。水素イオンまたは水酸イオンの少いときのエステル加水分解も自触媒反応。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩石学辞典の解説

自触媒作用

マグマの揮発性成分によって,固化する後期に鉱物が変質すること.この語は自気成作用(autopneumatolysis),パウロポスト(paulopst),プロトニューマトリシス(protopneumatolysis)と同意義である[Loe-winson-Lessing : 1922].自触媒作用は化学反応において,反応物または生成物自身が触媒作用をすることで,反応の進行に伴って触媒作用をする物質の量が変化する[長倉ほか : 1998].自気成作用(autopneumatolysis)[Lacroix : 1922],マグマ性交代作用(magmatic metasomatism)[Loewinson-Lessing : 1925]

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android