自転車操業(読み)ジテンシャソウギョウ

デジタル大辞泉の解説

じてんしゃ‐そうぎょう〔‐サウゲフ〕【自転車操業】

自転車は走るのをやめれば倒れてしまうところから》資金の借り入れと返済を繰り返しながらかろうじて操業を続けること。また、そのような経営状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じてんしゃそうぎょう【自転車操業】

〔自転車は走るのをやめると倒れることから〕
資金の借り入れと返済を繰り返しながら、かろうじて倒産を免れ操業を継続している状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自転車操業の関連情報