コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臭気選別 シュウキセンベツ

デジタル大辞泉の解説

しゅうき‐せんべつ〔シウキ‐〕【臭気選別】

においを手がかりに、同じにおいが付いた物や追跡・捜索対象者を探し出す能力。警察犬に必要な能力の一つで、警察犬の審査・競技会では、仮想犯人においを嗅がせ、約10メートル離れた台の上から同じにおいの付いた布片を持ってこさせる。
[補説]警察犬の訓練では他に、服従(指導手の指示に従って行進・障害物の飛び越し・休止などの動作を行う)・警戒(指導手の命令に従って行動し、隠れている犯人の発見、犯人への襲撃などを行う)・足跡追及(犯人が落とした所持品を発見しながらにおいをたよりに足跡をたどる)などの科目がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

臭気選別の関連キーワード補説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

臭気選別の関連情報