コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至情 シジョウ

デジタル大辞泉の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【至情】

この上なく深い心。まごころ。「至情をささげる」「至情あふれる行為」
きわめて自然な人情。「人間としての至情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじょう【至情】

誠心誠意の気持ち。まごころ。 「僕の英語は決して悪意で使つた訳ぢやない。全く妻を愛する-から出たので、それを妻の様に解釈されては僕も立つ瀬がない/吾輩は猫である 漱石
人間としての当然の人情。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至情の関連キーワードエドゥアルド マルキーナ吾輩は猫である寺島忠三郎出師の表愛染明王罷り在りまごころ誠心誠意立つ瀬敵討テス漱石

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android