コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至情 シジョウ

デジタル大辞泉の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【至情】

この上なく深い心。まごころ。「至情をささげる」「至情あふれる行為」
きわめて自然な人情。「人間としての至情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじょう【至情】

誠心誠意の気持ち。まごころ。 「僕の英語は決して悪意で使つた訳ぢやない。全く妻を愛する-から出たので、それを妻の様に解釈されては僕も立つ瀬がない/吾輩は猫である 漱石
人間としての当然の人情。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至情の関連キーワードエドゥアルド マルキーナ吾輩は猫である寺島忠三郎出師の表愛染明王罷り在りまごころ誠心誠意立つ瀬敵討テス漱石

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至情の関連情報