至情(読み)シジョウ

デジタル大辞泉の解説

し‐じょう〔‐ジヤウ〕【至情】

この上なく深い心。まごころ。「至情をささげる」「至情あふれる行為」
きわめて自然な人情。「人間としての至情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじょう【至情】

誠心誠意の気持ち。まごころ。 「僕の英語は決して悪意で使つた訳ぢやない。全く妻を愛する-から出たので、それを妻の様に解釈されては僕も立つ瀬がない/吾輩は猫である 漱石
人間としての当然の人情。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至情の関連情報