(読み)こう

デジタル大辞泉の解説

きょう【興】

おもしろいこと。おもしろみ。「をそぐ話題」「が尽きない」「を添える」
その場のたわむれ。座興。「一夜の
詩経」の六義(りくぎ)の一。自然の風物に託して自分の感興をうたう詩の叙述法。

こう【興】[漢字項目]

[音]コウ(呉) キョウ(漢) [訓]おこる おこす
学習漢字]5年
〈コウ〉
勢いが盛んになる。おこる。おこす。「興起興行興業興亡興隆再興振興新興復興勃興(ぼっこう)
(「」または「」の代用字)感情がたかぶる。「興奮
〈キョウ〉起こりたつ感情。おもしろみ。「興趣興味一興感興座興即興不興遊興余興
[名のり]おき・き・さかん・さき・とも・ふか・ふさ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょう【興】

心に感じる楽しさやおもしろみ。 「 -を覚える」 「 -を添える」 「 -をそそる」
その場のたわむれ。座興。
「詩経」の六義りくぎの一。漢詩の表現・修辞による分類の一。草や鳥など自然界の事物から歌い起こして、それとなく人間世界にたとえる手法。
[句項目] 興が醒める 興に入る 興に乗る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


こう

5世紀、倭(わ)の五王の一人。中国の正史『宋書(そうじょ)』『梁書(りょうしょ)』にみえる。安康(あんこう)天皇に比定する説がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう【興】

〘名〙
① おもしろいこと。たのしいこと。おもしろみ。おもむき。ふぜい。興味。興趣。
※竹取(9C末‐10C初)「中納言喜び給て、『〈略〉興ある事申したり』とのたまひて」
② その場だけのたわむれ。一時の遊び。座興。即興。
※徒然草(1331頃)一七五「世には心えぬ事のおほきなり。ともあることには、まづ酒を勧めて、強ひ飲ませたるを興とする事」
③ 詩経の六義(りくぎ)の一つ。中国、古代の詩の一形式で、ある事物に感じて自分の感興を述べたもの。ある事物から、それに関連して自然に呼び起こされた自分の心情をよんだもの。和歌に当てはめて用いられることもあった。
※古今(905‐914)真名序「和歌有六義。一曰風。二曰賦。三曰比。四曰興。五曰雅。六曰頌」
ささめごと(1463‐64頃)上「興。たとへ歌の心。五月雨はみねの松風谷の水〈救済〉これは、その物にゆゑづきたるを、見なし聞きなしたとへたる、興の句なるべし」 〔詩経大序〕

きょう・じる【興】

〘自ザ上一〙 (サ変動詞「きょうずる(興)」が上一段活用に転じた語) =きょうずる(興)〔改正増補和英語林集成(1886)〕

きょう‐・ず【興】

〘自サ変〙 ⇒きょうずる(興)

きょう‐・ずる【興】

〘自サ変〙 きょう・ず 〘自サ変〙 楽しみを感じ愉快に思う。興に入る。おもしろがる。きょうじる。現代では、おもに「…に興ずる」の形で用いる。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「射落として、いけにいりぬ。けうずることかぎりなし」
※源氏(1001‐14頃)手習「門田のいねかるとて所につけたる物まねびしつつわかき女どもはうたうたひけうじあへり」

こう‐・ず【興】

〘他サ変〙 おこす。さかんにする。
源平盛衰記(14C前)二四「聖徳太子、仏法を興(コウ)せんとし給ひしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【倭の五王】より

…《宋書》によると,460年にも倭国の遣使があったとするが,これも済の派遣したものであろう。済の死後,世子の興が立ち,使者を派遣すると,これを喜んだ孝武帝は,462年,興を安東将軍・倭国王に任命した。 興の死後,弟の武が立ち,使持節・都督倭百済新羅任那加羅秦韓慕韓七国諸軍事・安東大将軍・倭国王と自称し,478年,使者を派遣して,国書を送った。…

※「興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

興の関連情報