興廃(読み)こうはい

精選版 日本国語大辞典「興廃」の解説

こう‐はい【興廃】

〘名〙
① 盛んになることとすたれること。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「如来色無尽者、言感者言見応謂有興廃故云有感即応無窮已」
※太平記(14C後)二七「下勝つを得ず、上負けざる事は、貴賤に依らず運の興廃(コウハイ)なるべし」 〔詩経疏‐大序〕
② 滅んだものを再興すること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android