興業(読み)こうぎょう

精選版 日本国語大辞典「興業」の解説

こう‐ぎょう ‥ゲフ【興業】

〘名〙
① 新しく事業を起こすこと。産業を盛んにすること。〔音訓新聞字引(1876)〕
※風俗画報‐二〇八号(1900)地理門「一意殖産興業を奨励し」 〔史記太史公自序伝〕
※妾の半生涯(1904)〈福田英子〉一〇「浅草鳥越に於て業することに決し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「興業」の解説

こう‐ぎょう〔‐ゲフ〕【興業】

新しく事業を興すこと。また、産業を盛んにすること。「殖産興業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「興業」の解説

【興業】こうぎよう(げふ)

事を振興する。〔史記、太史公自序〕孔氏べ、弟子業を興し、咸(ことごと)く師傅と爲り、を崇び義を(たか)くす。仲尼弟子列傳を作る。

字通「興」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android