コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

興福寺奏状 こうふくじそうじょう

世界大百科事典 第2版の解説

こうふくじそうじょう【興福寺奏状】

1205年(元久2)10月,興福寺僧綱大法師らが提出した,法然の専修念仏を批判した奏状。実際の起草者は南都の碩学として聞こえた貞慶(じようけい)である。〈新宗を立つる失(誤り)〉以下,法然の教義を9ヵ条にわたって批判しているが,その内容は,王法と仏法とがあいよりあう下で,顕密八宗は共存すべきであるとの正統主義の立場から,法然の専修性を国土を乱す異端として排撃するものである。【細川 涼一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

興福寺奏状の関連キーワード稲毛重成畠山重保アカイア大公国アテネ公国畠山重忠105ウオークラリーから常連組航空大学校帯広分校訓練機墜落事故新古今和歌集畠山重忠平賀朝雅

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android