奏状(読み)ソウジョウ

大辞林 第三版の解説

そうじょう【奏状】

奏を記した文書。太政官だいじようかんから奉るものには、事柄の大小に応じて、書式に論奏・奏事・便奏の三段階があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐じょう ‥ジャウ【奏状】

〘名〙 (「奏」は天皇に上申する意) 奏を記した文書。令制では事柄の軽重により、書式に論奏式・奏事式・便奏式の区別があった。
※続日本紀‐文武四年(700)八月丁卯「又依巡察使奏状。諸国司等。随其治能。進階賜封各有差」 〔文章弁体‐奏疏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android