コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎密局 セイミきょく

大辞林 第三版の解説

セイミきょく【舎密局】

明治初期の理化学研究教育機関。1869年(明治2)政府が大阪舎密局を開局。翌年大阪理学校、次いで大阪開成学校と改称、1972年廃校。京都にも府立の京都舎密局があった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

舎密局
せいみきょく

明治初年の化学(舎密)の研究教育機関。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)などで幕末以来導入されていた化学研究は、富国強兵策下、硝石・火薬の製法などが重視され、政府が1868年(慶応4)大阪舎密局を設立。教授にオランダ人ハラタマKoenraad Wolter Gratama(1831―88)を迎え、諸器械を輸入した。70年(明治3)大阪理学所、さらに大阪開成学校と改称したが、72年閉校。また70年京都府立の舎密局も開設、80年民間払下げ、82年閉局。[木槻哲夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の舎密局の言及

【染色】より


[近代]
 1856年W.H.パーキンによって合成染料が発明され,まもなく工業生産が開始されるが,日本には早くも62年(文久2)ころ輸入され,京都や桐生で試用されたようである。しかし,合成染料が積極的に日本で研究されはじめたのは68年(明治1)10月大阪に,70年12月に京都に舎密(せいみ)局が開設されてからである。舎密とはドイツ語のChemie(化学)を英語風に読んで当て字をしたもので,理化学研究の機関であった。…

※「舎密局」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舎密局の関連キーワード大阪府大阪市中央区大手前島津源蔵(初代)第三高等学校大井 憲太郎大井憲太郎中村喜一郎槇村 正直松本銈太郎ワグネル島津源蔵ワグナー高峰譲吉せっけん明石博高ヘールツハラタマ三崎嘯輔田中芳男上野彦馬改称

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android