コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舜仁入道親王 しゅんにんにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(舜仁入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

舜仁入道親王 しゅんにんにゅうどうしんのう

1789-1843 江戸時代後期,有栖川宮織仁(ありすがわのみや-おりひと)親王の第4王子。
寛政元年2月1日生まれ。文化5年光格天皇の養子として親王宣下をうけ,正道(まさみち)の名をあたえられる。ついで剃髪(ていはつ)して戒を尊真入道親王からうけ,法名を公猷と称した。のち天台座主(ざす)となり,法名を舜仁とあらためた。天保(てんぽう)14年9月11日死去。55歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

舜仁入道親王の関連キーワード囲米・囲籾曲芸小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革宮内嘉長棄捐令金属疲労国訴(こくそ)

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone