加藤精一(読み)かとう せいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「加藤精一」の解説

加藤精一 かとう-せいいち

1929- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和4年1月9日生まれ。父清治が創業した岡三証券に昭和29年入社。36年社長となる。40年本社を大阪から東京兜町にうつし,48年東京・大阪両証券取引所に上場ロンドン,ニューヨークなどに進出するとともに,経済研究所,投資顧問会社を設立するなど,事業国際化強化をはかった。平成9年会長。10年日本証券業協会会長。三重県出身。慶大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android