宙乗り(読み)ちゅうのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「宙乗り」の解説

宙乗り
ちゅうのり

歌舞伎の演出の一つ。関西で「宙吊り」,また俗に「ふあふあ」ともいう。俳優の身体をに吊って舞台や観客席の上を移動させる演出。舞台のの子から (ワイヤー) を下げ,俳優が衣装の下に着ている連尺についた鉄環にその綱をかけて上下し,また簀の子上の (レール) を用いて左右に移動させる。また腰掛を降ろしてこれに俳優を乗せる方法もある。元禄 13 (1700) 年1世市川団十郎が『大日本鉄界仙人』の曾我五郎役で始め,宝暦 11 (61) 年狂言作者並木正三が完成したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「宙乗り」の解説

ちゅう‐のり〔チウ‐〕【宙乗り】

歌舞伎で、役者の身体を宙に吊(つ)り上げて、舞台や花道などの上を移動させる演出。また、その装置。妖怪・妖術使いなどに用いる。上方では宙吊りという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宙乗りの言及

【歌舞伎】より

…勇気を象徴する。 宙乗り(ちゆうのり)俳優の体を宙に吊り上げ,舞台上,または花道・客席の上を移行させて空中を飛行するさまを見せる〈ケレン〉的な演出。元禄ごろから行われてきた。…

※「宙乗り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android