コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宙乗り ちゅうのり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宙乗り
ちゅうのり

歌舞伎の演出の一つ。関西で「宙吊り」,また俗に「ふあふあ」ともいう。俳優の身体を宙に吊って舞台や観客席の上を移動させる演出。舞台の簀の子から綱 (ワイヤー) を下げ,俳優が衣装の下に着ている連尺の襟についた鉄環にその綱をかけて上下し,また簀の子上の溝 (レール) を用いて左右に移動させる。また腰掛を降ろしてこれに俳優を乗せる方法もある。元禄 13 (1700) 年1世市川団十郎が『大日本鉄界仙人』の曾我五郎役で始め,宝暦 11 (61) 年狂言作者並木正三が完成したという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐のり〔チウ‐〕【宙乗り】

歌舞伎で、役者の身体を宙に吊(つ)り上げて、舞台や花道などの上を移動させる演出。また、その装置妖怪・妖術使いなどに用いる。上方では宙吊りという。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうのり【宙乗り】

歌舞伎の演出の一。妖怪や怨霊役の俳優を、綱・滑車などで釣り上げ、舞台や観客席の上を移動させること。宙釣り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の宙乗りの言及

【歌舞伎】より

…勇気を象徴する。 宙乗り(ちゆうのり)俳優の体を宙に吊り上げ,舞台上,または花道・客席の上を移行させて空中を飛行するさまを見せる〈ケレン〉的な演出。元禄ごろから行われてきた。…

※「宙乗り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宙乗りの関連キーワード長谷川勘兵衛(12代)市川右団次(初代)市川右団次(2代)市川小団次(4代)吉田 玉造(初代)市川小団次(4世)尾上多見蔵(2代)吉田玉造(1世)竹沢藤治(3代)吉田玉造(初代)スーパー歌舞伎アクロバット長谷川勘兵衛歌舞伎の用語山口 定雄市川猿之助市川小団次吉田玉造舞台機構戸部銀作

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宙乗りの関連情報