コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟底天井 ふなぞこてんじょう

1件 の用語解説(舟底天井の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ふなぞこてんじょう【舟底天井】

中央が両端より高くなった山形の天井。茶室や数寄屋造り、昔の浴室などで多く用いられた。平らな天井より部屋を広く感じさせる効果がある。◇舟を裏返したときの底の形に似ることから。

出典|講談社
家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の舟底天井の言及

【天井】より

…白木の天井板を平面にならべて張り,格縁などの装飾的な部材をいっさいもたない簡素な天井である。このほか天井が舟底のような形をした〈舟底天井〉があり,三千院本堂は名高い。 天井にはその周囲に斜めの立ちあがりのあるものが多い。…

※「舟底天井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone