コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船川層 ふながわそうFunagawa formation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船川層
ふながわそう
Funagawa formation

秋田地方に見られる新第三紀中新世後期に形成された海成層の一つ。日本海側油田地域新第三紀層の油徴のある海成層で,主要な含油層。男鹿半島船川港町付近を模式とする。含油層の黒色頁岩(ブラックシェール)はほぼこの地層をさす。貝化石,マカロニ状の所属不明のサガリテス,有孔虫などの化石を含む。下位はケイ質頁岩(ハードシェール)の女川層,上位は天徳寺層などで,上下とも整合に重なる。(→頁岩

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android