船氏王後墓誌(読み)ふなしおうごのぼし

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船氏王後墓誌
ふなしおうごのぼし

敏達(びだつ)朝に生まれ、推古(すいこ)・舒明(じょめい)両朝に仕えた渡来系の官人、船王後の墓誌。江戸時代に大阪府柏原(かしわら)市国分の松岳山(まつおかやま)から出土。墓誌は、鍛造(たんぞう)の銅板(縦29.7センチメートル、横6.8センチメートル)で、表裏ともに各四行162字の銘文を刻む。銘文により、王後は船氏の中祖王智仁の孫、那沛故(なはこ)の子で、推古・舒明両朝に仕えて、舒明天皇から603年(推古天皇11)制定の十二階冠位の第三等にあたる「大仁(だいにん)」を賜り、641年(舒明天皇13)に没し、668年(天智天皇7)、夫人安理故能刀自(ありこのとじ)とともに、大兄刀羅古(とらこ)の墓に並ぶ墓をつくり葬られたことが知られる。日本最古の墓誌であるが、文中の「官位」という用語や、闕字(けつじ)の礼(れい)を施している点からみて、墓誌は、天武(てんむ)朝末年以降の追納とする説が有力である。国宝。[大脇 潔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android