コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大仁 おおひと

2件 の用語解説(大仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大仁
おおひと

静岡県東部,伊豆の国市南部の旧町域。伊豆半島北部の狩野川東岸にある。 1940年町制。 1959年北狩野村の一部を編入。 2005年伊豆長岡町,韮山町と合体して伊豆の国市となった。中心集落の田京は最初の伊豆国府の所在地であった (まもなく現在の三島市に移転) といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大仁
おおひと

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(大仁町(ちょう))。現在は伊豆の国市の南部を占める一地区。伊豆半島のほぼ中央、狩野(かの)川中流に位置し、中伊豆の商工業の中心地。旧大仁町は1940年(昭和15)町制施行。2005年(平成17)伊豆長岡町、韮山(にらやま)町と合併、市制施行して伊豆の国市となる。伊豆箱根鉄道、国道136号、宇佐美(うさみ)大仁道路が通じ、国道414号線と交差、さらに修善寺(しゅぜんじ)道路、伊豆スカイラインも通じ、交通上の要衝をなす。中世狩野荘(しょう)の一部、江戸時代には幕府直轄地であった。地域北部の田中山地区、浮橋(うきはし)などの山間地は酪農が盛んで、約680頭の乳牛が飼育され、肉牛の飼育も行われている。また田中山ではダイコン、スイカ、平野部では米、イチゴなどの栽培も盛ん。商工業も盛んで、旭化成ファーマ(旧東洋醸造)大仁工場、東芝テック大仁工場がある。東洋醸造は1920年(大正9)設立され、和洋酒、医薬品類を製造、1992年旭化成と合併した。国道沿いは中小工業地帯に変容しつつある。なお、1958年の狩野川台風では大災害を受けている。大仁温泉がある。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大仁の関連情報