コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船渡聟 フナワタシムコ

3件 の用語解説(船渡聟の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふなわたしむこ【船渡聟】

狂言。船頭が酒樽(さかだる)を持った客を脅し、酒を全部飲んでしまう。帰宅後、家をたずねてきた自分の聟が先刻の客とわかり、船頭はひげを落として対面するが見破られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふなわたしむこ【船渡聟】

狂言の曲名。聟狂言。大蔵,和泉両流にある。聟入りに行く聟が,途中,渡し舟に乗る。船頭は無類の酒好きで,聟がみやげに携えた酒樽に目をつけ,強引に無心する。やむをえず振る舞ううちに聟は自分も飲みたくなり,ともに謡い舞って,船が岸に着くまでに酒樽を空にしてしまう。そのまま舅(しゆうと)の家へ持参するが,盃ごとを交わす段になり,その家の太郎冠者に空樽であることを知られ,赤恥をかく。逃げる聟を舅が〈苦しうないことでござる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

船渡聟
ふなわたしむこ

狂言の曲名。『舟渡聟』とも書く。聟入り(結婚後初めて舅(しゅうと)を訪ね、盃(さかずき)を交わす儀式)する聟が川に差しかかり渡し舟に乗る。聟は、舅への土産(みやげ)の酒を船頭に所望されて断りきれず、自らも飲んで酒樽(さかだる)を空にしてしまう。舅の家に着くと、盃事(さかずきごと)にその酒が使われることになり、樽の空が露見して面目を失う。以上が大蔵(おおくら)流であるが、和泉(いずみ)流では船頭と舅が同一人物という設定。舟の上で聟に酒を強要した船頭は、帰宅してそれが自分の聟であると知り、慌てる。そこで、自慢の大髭(ひげ)を剃(そ)って相貌(そうぼう)を変え、顔を隠すようにして盃事に臨むが、結局見破られて恥をかく。ひとたび飲み始めると節度を失う酒飲みの心理と、それによる失敗のおかしさを描いた作品。船中の演技が見どころ。[林 和利]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

船渡聟の関連キーワード大蔵虎武和泉流大蔵流狂言本絵入り狂言本鬼物狂言小謡前狂言雑狂言本狂言

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone