節度(読み)セツド

デジタル大辞泉の解説

行き過ぎのない適当な程度。ほどあい。「節度のある生活」「節度を守る」
指図。指令。下知(げち)。
「我が―に違ひ、国事を誤る者あらば」〈竜渓経国美談
天皇が将軍に出征を命じたとき、そのしるしとして賜る太刀・旗・鈴など。
「中議の節会行はれて―を下さる」〈太平記・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① のり。さだめ。おきて。法度(はっと)。〔国語‐周語上〕
② 言行などの適当な程度。ほどあい。適度。
※応永本論語抄(1420)季氏第一六「遨遊して節度なきを云。従流、舟を浮て上り下りし、博弈し田猟する類を云」
※がらくた博物館(1975)〈大庭みな子〉犬屋敷の女「二人とも大層節度のある遠慮深さがあったから」
③ 節(ふし)。区切り。
※鶴(1952)〈長谷川四郎〉五「一挙動毎に節度をつけて銃をおろすのが聞えた」
④ 皇帝・天皇が将軍に出征を命じた時、その符節(しるし)として賜わる太刀・旗・鈴などの類。
※延慶本平家(1309‐10)二中「朝の御守りと成者は節度と云剱を給はる。我与へたらむ剱を持ならば、王の御守りとして司位一門の繁昌肩を並る人有まじ」
⑤ (━する) 下知(げち)。指揮。さしず。
※神皇正統記(1339‐43)下「経基はちかき皇孫なりしかど、承平の乱に征東将軍忠文朝臣が副将として彼が節度をうく」 〔旧唐書‐職官志〕
⑥ 「せつどし(節度使)」の略。
※唐詩選国字解(1791)七言古「節度に成って行くことと見ゆる」 〔北史‐唐邕伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節度の関連情報