コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節度 セツド

デジタル大辞泉の解説

せつ‐ど【節度】

行き過ぎのない適当な程度。ほどあい。「節度のある生活」「節度を守る」
指図。指令。下知(げち)。
「我が―に違ひ、国事を誤る者あらば」〈竜渓経国美談
天皇が将軍に出征を命じたとき、そのしるしとして賜る太刀・旗・鈴など。
「中議の節会行はれて―を下さる」〈太平記・一四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつど【節度】

言行などが度を超さず、適度であること。ちょうどよい程度。ほど。 「 -をわきまえる」 「 -ある振る舞い」
天子・天皇が大将に出征を命じたとき、しるしとして授けた刀・旗・鈴などの類。 「中議の節会行はれて-を下さる/太平記 14
命令。さしず。指揮。 「忠文朝臣が副将として彼が-をうく/正統記 後醍醐」 〔が原義〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

節度の関連キーワード女子と小人とは養い難し親しき中にも礼儀あり倉廩実ちて礼節を知る言葉が過ぎる締まりが無いえげつない大義名分安史の乱藤原房前朱邪赤心佐伯東人哥舒翰節度使李林甫安禄山石守信高仙芝張議潮経略使鎮将

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節度の関連情報