コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船王後 ふねの おうご

1件 の用語解説(船王後の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船王後 ふねの-おうご

?-642* 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古・舒明(じょめい)天皇につかえ,大仁品第三の位をあたえられた。舒明天皇13年12月3日死去。河内(かわち)(大阪府)松岳(まつおか)山に妻の安理故能刀自(ありこのとじ)と合葬され,その墓誌(現存最古の墓誌で国宝)が発見されている。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の船王後の言及

【船王後墓誌】より

…飛鳥時代の官人,船王後の墓誌。船は〈ふな〉ともよむ。…

※「船王後」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

船王後の関連キーワード善光寺(長野市)医療的ケア生駒山地斉明天皇在日学徒義勇軍生駒山善光寺皇極天皇阿曇比羅夫大伴長徳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone