コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船王後(読み)ふねの おうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

船王後 ふねの-おうご

?-642* 飛鳥(あすか)時代の官吏。
推古・舒明(じょめい)天皇につかえ,大仁品第三の位をあたえられた。舒明天皇13年12月3日死去。河内(かわち)(大阪府)松岳(まつおか)山に妻の安理故能刀自(ありこのとじ)と合葬され,その墓誌(現存最古の墓誌で国宝)が発見されている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の船王後の言及

【船王後墓誌】より

…飛鳥時代の官人,船王後の墓誌。船は〈ふな〉ともよむ。…

※「船王後」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android