コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶原簿 センパクゲンボ

デジタル大辞泉の解説

せんぱく‐げんぼ【船舶原簿】

船舶登録のため、船籍港を管轄する管海官庁に備えつける公簿船舶の種類・船舶番号・船名・船籍港などを記載。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぱくげんぼ【船舶原簿】

船舶登録のために、船籍港を管轄する管海官庁に備え付けてある公式帳簿。船舶の種類・船名・船籍港・構造などが記載されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の船舶原簿の言及

【船籍】より

…日本は,国民による所有だけを日本国籍所得の要件としている(船舶法1条)。船舶所有者(船主)は,まず,船籍港を定め(4条),船舶登記規則および船舶法5条の定めるところに従い登記をなし(商法686条),ついで,船籍港を管轄する管海官庁に備えた船舶原簿に登録する(5条)。その後,日本の国籍を有することの証明書たる船舶国籍証書の交付を受けることになる(商法686条,船舶法5条2項,船舶法施行細則30条)。…

※「船舶原簿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

船舶原簿の関連キーワード船舶登記・登録船名録登簿船廃船

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android