コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船舶登録 せんぱくとうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

船舶登録
せんぱくとうろく

船舶原簿に,船舶に関する一定事項を記載すること。船舶に対する行政的監督を目的とする。20t以上の大型船舶のみが対象である(商法686条2項,船舶法20,5条1項)。船舶登記をしたのち,船籍港管轄官庁に備えてある船舶原簿に登録することが義務づけられている。船舶登録によって,船舶国籍証書の交付を受けることができる(商法686条1項,687)。なお,他人の委託による船舶登録を業として行なうには,海事行政の円滑と国民の権利保護の観点から,海事代理士の資格が必要である。また,20t未満の船舶については小型船舶登録制度がある(小型船舶の登録等に関する法律)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんぱく‐とうろく【船舶登録】

船舶登記をしたあと、船舶原簿に船舶についての一定の事項を記載すること。この登録を経て、船舶国籍証書が交付される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぱくとうろく【船舶登録】

船舶登記のあと、船籍港を管轄する管海官庁の船舶原簿に船舶に関する一定事項を記載すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

船舶登録の関連キーワードプレジャーボート第二船籍制度パナマ(国)便宜置籍船国際私法リベリア総トン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android