コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船長日記 ふなおさにっき

2件 の用語解説(船長日記の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

船長日記【ふなおさにっき】

三河(みかわ)新城(しんしろ)の菅沼家用人池田寛親(ひろちか)(藍水)の著した尾張船督乗丸(1200石,14人乗り)の漂流記。1822年完成。1813年旧11月江戸から復航中遠州灘で遭難,484日間の漂流に耐えたのちカリフォルニア沖で英国商船に救われ,米国,ロシアを経て1816年帰国したが,その沖船頭重吉の体験談に基づいて著したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふなおさにっき【船長日記】

江戸後期の漂流記。池田寛親編。名古屋の督乗丸(乗組員14名)が1813年(文化10)江戸から帰航中遭難,漂流16ヵ月後,生存者3名が北アメリカ大陸の南西洋上でイギリス船に救助され,以後カナダアラスカを経てカムチャツカに至り,ロシア船に送られてウルップ島に上陸,船頭重吉ら2名が択捉(えとろふ)島,国後(くなしり)島を経て17年故郷に帰着するまでの苦難の体験と見聞を記録したもの。鎖国下の海外見聞録,記録文学として貴重な資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

船長日記の関連キーワード羅城木村千斎名古屋帯北槎聞略名古屋扇大有り名古屋の金の鯱池田寛親小栗重吉重吉次郎吉

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

船長日記の関連情報