コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時規物語 とけいものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時規物語
とけいものがたり

江戸時代末期の漂流記遠藤高 璟 (たかのり) 編著。 10巻。嘉永3 (1850) 年成立。天保9 (1838) 年 11月越中船『長者丸』 (650石,10人乗り) は唐丹港出帆後,仙台領沖合いで遭難。6ヵ月間漂流ののち,アメリカ捕鯨船に救助され,ハワイ,カムチャツカオホーツクなどを経て,同 14年択捉 (えとろふ) 島に送還され,嘉永1 (48) 年故郷越中に帰った。加賀藩主前田斉泰の命により遠藤が生還者4人の供述をもとに編集したもので,完成後,藩主に献上されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

時規物語【とけいものがたり】

金沢藩主前田斉泰(なりやす)の命で遠藤高【のり】(たかのり)らが編集した越中船長者丸の漂流記録。全10巻,本文24冊,付録1冊,1850年完成。長者丸(650石,10人乗り)は1838年旧11月,仙台藩領唐丹(とうに)港(現在の岩手県釜石市)を出帆後漂流し,翌年4月米国捕鯨船に救助されハワイへいき,次いでカムチャツカ半島,オホーツク,シトカ択捉(えとろふ)島と順次送還され,1843年松前を経て江戸へ帰着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

時規物語の関連キーワード松前[町]択捉島