船間/舟間(読み)フナマ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐ま【船間/舟間】

船の入港のとだえている間。
「地獄もっての外の不景気にて、弘誓(ぐぜい)の船の―なり」〈洒・和漢同詠道行〉
船の入港がとだえて物品が入らないこと。物資が欠乏すること。
「野暮(やぼ)と化け物はこの筋一向―だなう」〈人・花鳥風月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android