コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

船間/舟間 フナマ

デジタル大辞泉の解説

ふな‐ま【船間/舟間】

船の入港のとだえている間。
「地獄もっての外の不景気にて、弘誓(ぐぜい)の船の―なり」〈洒・和漢同詠道行〉
船の入港がとだえて物品が入らないこと。物資が欠乏すること。
「野暮(やぼ)と化け物はこの筋一向―だなう」〈人・花鳥風月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

船間/舟間の関連キーワード宇宙開発史(年表)薩摩川内(市)ディンギー川内[市]情報収集艦京浜東北線旗旒信号新潟地震根岸線赤帽入港