コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花鳥風月 カチョウフウゲツ

5件 の用語解説(花鳥風月の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かちょう‐ふうげつ〔クワテウ‐〕【花鳥風月】

自然の美しい風物。「花鳥風月を友とする」
風雅な趣を楽しむこと。風流韻事。風流。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

花鳥風月

日本のポピュラー音楽。歌は日本のバンド、レミオロメン。2010年発売。作詞・作曲:藤巻亮太。テレビ朝日系で放送のドラマ「エンゼルバンク 転職代理人」の主題歌

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かちょうふうげつ【花鳥風月】

御伽(おとぎ)草子。《扇合(おうぎあわせ)物語》《花風物語》ともいう。萩原院(花園天皇)の御代,都西山の葉室中納言の御所で扇合が行われたおり,公卿1人と口覆いをした女房とをかいた希代不思議の絵をめぐって,これを在原業平とする側と光源氏とする側との二手に分かれて相論に及び,巫(みこ)の花鳥・風月に占わせることとなる。両人はもと出羽(でわ)羽黒の者で,人を梓(あずさ)の弓にかけて口寄せすること神変(じんべん)奇特の姉妹で,業平側の人々の問いに応じて花鳥は短冊一つ取り出し,早速業平と占う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花鳥風月
かちょうふうげつ

自然の美しい風物。「花鳥」は観賞の対象となり、詩歌、絵画などの題材とされる自然の景物の代表としての「花」と「鳥」を意味し、「風月」は自然の風景の代表としての「風」と「月」を意味し、狭義には「清風」と「明月」をさす。転じて、そうした自然の風物を観賞したり、それらを題材として詩歌、絵画などの創作にあたるなど風雅の遊び、風流韻事をいう。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花鳥風月の関連情報