花鳥風月(読み)カチョウフウゲツ

  • かちょうふうげつ クヮテウ‥
  • かちょうふうげつ〔クワテウ〕

世界大百科事典 第2版の解説

御伽(おとぎ)草子。《扇合(おうぎあわせ)物語》《花風物語》ともいう。萩原院(花園天皇)の御代,都西山の葉室中納言の御所で扇合が行われたおり,公卿1人と口覆いをした女房とをかいた希代不思議の絵をめぐって,これを在原業平とする側と光源氏とする側との二手に分かれて相論に及び,巫(みこ)の花鳥風月に占わせることとなる。両人はもと出羽(でわ)羽黒の者で,人を(あずさ)のにかけて口寄せすること神変(じんべん)奇特の姉妹で,業平側の人々の問いに応じて花鳥は短冊一つ取り出し,早速業平と占う。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然の美しい風物。「花鳥」は観賞の対象となり、詩歌、絵画などの題材とされる自然の景物の代表としての「花」と「鳥」を意味し、「風月」は自然の風景の代表としての「風」と「月」を意味し、狭義には「清風」と「明月」をさす。転じて、そうした自然の風物を観賞したり、それらを題材として詩歌、絵画などの創作にあたるなど風雅の遊び、風流韻事をいう。

[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 自然の美しい風物。また、それを鑑賞したり、材料にして詩歌などを創作したりする風雅の遊び。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「源平などの名のある人の事を花鳥風月に作り寄せて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

自然の美しい風物。また、それを鑑賞したり、材料にして詩歌などを創作したりする風雅の遊び。

[使用例] 青山白雲を見、花鳥風月を見て楽まず、家常茶飯の美にふれて喜ばない者があるか[長与善郎*竹沢先生と云ふ人|1924~25]

[使用例] だれかに日本画を習っとるようだが、この皇国の危機に花鳥風月とはのん気な話だ[阿部知二*日月の窓|1957~58]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花鳥風月の関連情報