船首材(読み)センシュザイ

精選版 日本国語大辞典の解説

せんしゅ‐ざい【船首材】

〘名〙 の最前端にあって船首先端を構成する主要材。船首部を強固・堅牢にするため、端において龍骨に接続して立てるもの。和船の水押(みおし)に相当する。
※船籍規則(明治二三年)(1890)九条「船首材及び船尾材の外部両側面へ水脚を示す為め、一尺毎に〈略〉其尺度を記すべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android