良二千石(読み)りょうにせんせき

精選版 日本国語大辞典「良二千石」の解説

りょう‐にせんせき リャウ‥【良二千石】

〘名〙 (「二千石」は、中国の漢代、一の太守の年俸の高、転じて太守・地方長官の意) よくその領内を治める地方長官。すぐれた知事
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「漢文以来良二千石(リョウにせんセキ)は実に国家の柱石である」 〔漢書‐循吏伝序〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「良二千石」の解説

りょう‐にせんせき〔リヤウ‐〕【良二千石】

《中国漢代、郡の長官の年俸が二千石であったところから》よい政治を行う地方長官。すぐれた知事。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる