コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良什 りょうじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良什 りょうじゅう

?-1460 室町時代の僧。
一条経嗣(つねつぐ)の子。天台宗。応永28年(1421)京都曼殊院門跡(もんぜき),北野社別当職を将軍足利義持(よしもち)から安堵(あんど)された。のち護持僧となるが,将軍足利義教(よしのり)の怒りをかい,出仕をとめられる。復帰後,永享3年天台座主(ざす)。長禄(ちょうろく)4年6月4日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

良什の関連キーワード寛正とよた日本語学習支援システムAIJ事件寛正祝允明ダビット長禄日朝キブ湖伊勢貞親

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone