良什(読み)りょうじゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

良什 りょうじゅう

?-1460 室町時代の僧。
一条経嗣(つねつぐ)の子。天台宗。応永28年(1421)京都曼殊院門跡(もんぜき),北野社別当職を将軍足利義持(よしもち)から安堵(あんど)された。のち護持となるが,将軍足利義教(よしのり)の怒りをかい,出仕をとめられる。復帰後,永享3年天台座主(ざす)。長禄(ちょうろく)4年6月4日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android